So-net無料ブログ作成
朝ドラマ カーネーション あらすじ 103話 ブログトップ

朝ドラマ カーネーション あらすじ 103話

朝ドラマ カーネーション あらすじ 103話

朝ドラマ カーネーションもいよいよ18週目に入り物語も最終回まで目が離せません。



優子(新山千春)の教師・原口(塚本晋也)が小原家に立ち寄る。

糸子(尾野真千子)らは歓待するが、原口は直子(川崎亜沙美)の描いた絵から才能を見抜き二人は話し込む。

さて、2月4日(土)放送の朝ドラマ カーネーション どんな展開となるのか、あらすじ 103話の紹介です。

東京で優子(新山千春)を教えている原口(塚本晋也)が小原家に立ち寄る。

優子が心酔していたので千代(麻生祐未)は結婚の申し込みかと心配し、糸子(尾野真千子)はもちろん、直子(川崎亜沙美)にすら、あきれられる。

原口のデザインについての話に聞き入る糸子たち。

原口は直子が描いた絵から才能を見抜く。

直子は一晩原口と話し込み、自分も上京して優子が通う洋裁専門学校に進み、原口の教えを受けたいと糸子に申し出る。

以上が、朝ドラマ カーネーション あらすじ 103話の紹介でした。

朝ドラマ カーネーション 103話の放送日は2012年2月4日(土) 8時00分~8時15分です。

朝の忙しい時間帯で見逃してしまった方は連続テレビ小説 カーネーション 放送スケジュール を参考にしてください。

1週間分まとめたあらすじなら朝ドラマ カーネーション あらすじ 第18週 がおすすめです。


★連続テレビ小説 カーネーションに関連する商品なら楽天市場がおすすめです。★



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラマ カーネーション あらすじ 103話 ブログトップ
Copyright © 朝ドラ カーネーション 最終回 徹底研究 All Rights Reserved.
セキュリティ管理 QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。