So-net無料ブログ作成
朝ドラマ カーネーション あらすじ 第15週 ブログトップ

朝ドラマ カーネーション あらすじ 第15週

朝ドラマ カーネーション あらすじ 第15週

尾野真千子が朝の顔に!

世界のコシノ三姉妹を育てた強く明るい母の奮闘記

連続テレビ小説 カーネーションは毎週月曜~土曜 08:00~08:15です。

見逃してしまった方は連続テレビ小説 カーネーション 放送スケジュール を参考にしてください。

朝ドラマ カーネーション早くも15週目に突入です。

今週のサブタイトル「愛する力」はベニバナの花言葉らしいですね・・・

(クリックすると楽天の商品ページに行けます。)


さて、今週放送の連続テレビ小説 カーネーションどんな展開となるのか あらすじ 第15週の紹介です。

糸子(尾野真千子)は八重子(田丸麻紀)にパーマをあててもらう。

昭和21年、糸子は闇市で鮮やかな水玉模様の布を見つけ、サエ(黒谷友香)のワンピースを縫う。

が、静子(柳生みゆ)がそれを着て恋人の復員を出迎えたいと打ち明ける。

静子の嫁入りを見送った後、ハル(正司照枝)が息をひきとる。

まもなく経理担当の松田恵(六角精児)を雇い入れるが、なんと男性だった。

その勧めで糸子は泉州繊維商業組合の会合に出向き、組合長の三浦(近藤正臣)、組合員の北村(ほっしゃん。)、そして紳士服職人の周防龍一(綾野剛)らと知り合う。

初めての酒に酔いつぶれた糸子は、周防に背負われて帰宅する。

恥ずかしい思いをした糸子だが、紳士服の注文を受けるため、店の二階に周防が通って仕立てることに。

糸子が作った美しい水玉ワンピースに、周防は素直に感動する。

長崎出身で素朴な人柄の周防に、次第にひかれていく糸子。そんな中、奈津(栗山千明)がパンパンと呼ばれる女になっていると知る。

訪ねていった糸子を、心を閉ざした奈津は追い返す。

糸子は唯一奈津が自分をさらけ出せる相手、玉枝(濱田マリ)に久しぶりに会い助けを乞う。

以上が、朝ドラマ カーネーション あらすじ 第15週の紹介でした。

連続テレビ小説 カーネーション 今週もお楽しみください。


★連続テレビ小説 カーネーションに関連する商品なら楽天市場がおすすめです。★



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラマ カーネーション あらすじ 第15週 ブログトップ
Copyright © 朝ドラ カーネーション 最終回 徹底研究 All Rights Reserved.
セキュリティ管理 QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。