So-net無料ブログ作成
朝ドラマ カーネーション あらすじ 第14週 ブログトップ

朝ドラマ カーネーション あらすじ 第14週

朝ドラマ カーネーション あらすじ 第14週

尾野真千子が朝の顔に!

世界のコシノ三姉妹を育てた強く明るい母の奮闘記

連続テレビ小説 カーネーションは毎週月曜~土曜 08:00~08:15です。

見逃してしまった方は連続テレビ小説 カーネーション 放送スケジュール を参考にしてください。

朝ドラマ カーネーション早くも14週目に突入です。

今週のサブタイトル「明るい未来」はムスカリの花言葉らしいですね・・・

(クリックすると楽天の商品ページに行けます。)


さて、今週放送の連続テレビ小説 カーネーションどんな展開となるのか あらすじ 第14週の紹介です。

終戦を迎え糸子(尾野真千子)は、急いでアッパッパに着がえる。

アメリカ軍が来ると注意されても、二度とモンペをはく気はなかった。

木之元(甲本雅裕)に闇市に連れていってもらった糸子は、物の豊富さに目を丸くする。

その年のだんじり祭も、アメリカ軍を刺激しないようにと中止になるが、糸子たちは集まってだんじりをひき出す。

次女の直子が綱をひこうとし、糸子は慌てるが、一方で新しい時代の到来を感じるのだった。

久しぶりにサエ(黒谷友香)が訪ねて来て、糸子におしゃれの必要性を説く。

が、軍の払い下げの布地があるだけで、糸子も闇市に持ち込む肌着程度しか縫えるものがない。

試しに軍服用の布地で洋服を作ったところ、女性客が大勢集まる。

糸子は早く素敵な洋服を縫いたいと思う。

そんな中闇市で、パンパンと呼ばれる女たちが鮮やかな洋服を着ていることに気づく。

ある日、八重子(田丸麻紀)から実家に戻ると打ち明けられる。

八重子たちは戦時中にパーマ機を供出していた。

闇市の女たちのパーマをかけた髪を思い出し、糸子は八重子を説き伏せ、東京に一台しかないパーマ機を買い付けにいく。

洋服用の生地も入手するつもりが、宿でお金を盗られてしまう。

以上が、朝ドラマ カーネーション あらすじ 第14週の紹介でした。

連続テレビ小説 カーネーション 今週もお楽しみください。


★連続テレビ小説 カーネーションに関連する商品なら楽天市場がおすすめです。★



朝ドラマ カーネーション あらすじ 第14週 ブログトップ
Copyright © 朝ドラ カーネーション 最終回 徹底研究 All Rights Reserved.
セキュリティ管理 QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。