So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラマ カーネーション あらすじ 71話 ブログトップ

朝ドラマ カーネーション あらすじ 71話

朝ドラマ カーネーション あらすじ 71話

朝ドラマ カーネーションもいよいよ12週目に入り物語も最終回まで目が離せません。



糸子(尾野真千子)は奈津(栗山千明)から吉田屋の購入を相談されて驚く。

奈津は莫大な借金を抱えていたのだ。

奈津の相変わらずの強がりに呆れながらも糸子は奔走する。

さて、12月23日(金)放送の朝ドラマ カーネーション どんな展開となるのか、あらすじ 71話の紹介です。

パーマ機を供出した安岡髪結い店は閉店し、八重子(田丸麻紀)がオハラ洋装店で働くようになった。

ある日、糸子(尾野真千子)は突然、奈津(栗山千明)から呼び出され、吉田屋の購入を持ちかけられる。

相変わらずの奈津は決して頭を下げようとはしないが、糸子はその借金の額に驚がくする。

夫に逃げられ病身の母を抱えた奈津の苦境を八重子から聞き、糸子は助けようと奔走する。

せめて奈津を雇おうとする糸子だが、既に遅かった。

以上が、朝ドラマ カーネーション あらすじ 71話の紹介でした。

朝ドラマ カーネーション 71話の放送日は2011年12月23日(金) 8時00分~8時15分です。

朝の忙しい時間帯で見逃してしまった方は連続テレビ小説 カーネーション 放送スケジュール を参考にしてください。

1週間分まとめたあらすじなら朝ドラマ カーネーション あらすじ 第12週 がおすすめです。


★連続テレビ小説 カーネーションに関連する商品なら楽天市場がおすすめです。★



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラマ カーネーション あらすじ 71話 ブログトップ
Copyright © 朝ドラ カーネーション 最終回 徹底研究 All Rights Reserved.
セキュリティ管理 QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。