So-net無料ブログ作成
朝ドラマ カーネーション あらすじ 70話 ブログトップ

朝ドラマ カーネーション あらすじ 70話

朝ドラマ カーネーション あらすじ 70話

朝ドラマ カーネーションもいよいよ12週目に入り物語も最終回まで目が離せません。



昭和18年、戦局は一層厳しくなる。

糸子(尾野真千子)は暗い時代に成長する娘たちのために、せめて色鉛筆を買ってやる。

曳き手は少ないが、だんじり祭が近づいていた。

さて、12月22日(木)放送の朝ドラマ カーネーション どんな展開となるのか、あらすじ 70話の紹介です。

昭和18年9月。

戦局が厳しくなり、オハラ洋装店でも庭で野菜を育て、衣料品を手に農家をまわって食料を得るようになった。

糸子(尾野真千子)らが軍需品の肌着などを縫う脇で長女・優子は軍事教練ごっこに余念がない。

そんな中、優子にせがまれて糸子は映画を見に行くが、戦争の場面ばかりでそろって退屈して出てきてしまう。

糸子は暗い子ども時代が続いている娘たちを思い、せめてキレイな絵を描くようにと色鉛筆を買ってやる。

以上が、朝ドラマ カーネーション あらすじ 70話の紹介でした。

朝ドラマ カーネーション 70話の放送日は2011年12月22日(木) 8時00分~8時15分です。

朝の忙しい時間帯で見逃してしまった方は連続テレビ小説 カーネーション 放送スケジュール を参考にしてください。

1週間分まとめたあらすじなら朝ドラマ カーネーション あらすじ 第12週 がおすすめです。


★連続テレビ小説 カーネーションに関連する商品なら楽天市場がおすすめです。★



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラマ カーネーション あらすじ 70話 ブログトップ
Copyright © 朝ドラ カーネーション 最終回 徹底研究 All Rights Reserved.
セキュリティ管理 QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。