So-net無料ブログ作成
朝ドラマ カーネーション あらすじ 69話 ブログトップ

朝ドラマ カーネーション あらすじ 69話

朝ドラマ カーネーション あらすじ 69話

朝ドラマ カーネーションもいよいよ12週目に入り物語も最終回まで目が離せません。



糸子(尾野真千子)はミシンの供出を迫られる。

が、軍需品を縫えば供出せずにすむと思いつき、亡くなった善作(小林薫)をよく知る男性のつてを頼る。

父の助けを思う糸子。

さて、12月21日(水)放送の朝ドラマ カーネーション どんな展開となるのか、あらすじ 69話の紹介です。

大日本婦人会の澤田(三島ゆり子)がやって来て、モンペ教室を閉め、ミシンを供出するように糸子(尾野真千子)に迫る。

思い悩むうちに、かつて善作(小林薫)の世話になったという、軍需工場でもうけている男性の話を思い出した糸子は、軍需品を作れば供出を免れることに思い至り、大急ぎでその縫製の手はずを整え、ミシンは事無きを得る。

その過程を振り返り、結局は善作に助けられたのかと、不思議な感慨を覚える糸子だった。

以上が、朝ドラマ カーネーション あらすじ 69話の紹介でした。

朝ドラマ カーネーション 69話の放送日は2011年12月21日(水) 8時00分~8時15分です。

朝の忙しい時間帯で見逃してしまった方は連続テレビ小説 カーネーション 放送スケジュール を参考にしてください。

1週間分まとめたあらすじなら朝ドラマ カーネーション あらすじ 第12週 がおすすめです。


★連続テレビ小説 カーネーションに関連する商品なら楽天市場がおすすめです。★



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラマ カーネーション あらすじ 69話 ブログトップ
Copyright © 朝ドラ カーネーション 最終回 徹底研究 All Rights Reserved.
セキュリティ管理 QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。