So-net無料ブログ作成
朝ドラマ カーネーション あらすじ 67話 ブログトップ

朝ドラマ カーネーション あらすじ 67話

朝ドラマ カーネーション あらすじ 67話

朝ドラマ カーネーションもいよいよ12週目に入り物語も最終回まで目が離せません。



旅先から善作(小林薫)の遺骨が戻る。

通夜の席で気丈に振る舞う糸子(尾野真千子)。

思い出話に花が咲く一方、手伝いの女性らには小原家に食料が豊富なことが怪しまれる。

さて、12月19日(月)放送の朝ドラマ カーネーション どんな展開となるのか、あらすじ 67話の紹介です。

危篤を知った糸子(尾野真千子)は隣家に駆け込むが、旅先にいるはずの善作(小林薫)の幻を見たと言われ、死を悟る。

3日後、骨つぼを抱えて戻ってきた木之元(甲本雅裕)らを前にし、糸子は世話をかけたとわび、立派な葬式を出すと決意する。

通夜でも気丈に振る舞う糸子。

だんじりの時の写真を前に、思い出話しに花が咲く。

しかし手伝いに来た女性たちは、潤沢にある食料を怪しむ。

そうとも知らず改めて善作を思う糸子だった。

以上が、朝ドラマ カーネーション あらすじ 67話の紹介でした。

朝ドラマ カーネーション 67話の放送日は2011年12月19日(月) 8時00分~8時15分です。

朝の忙しい時間帯で見逃してしまった方は連続テレビ小説 カーネーション 放送スケジュール を参考にしてください。

1週間分まとめたあらすじなら朝ドラマ カーネーション あらすじ 第12週 がおすすめです。


★連続テレビ小説 カーネーションに関連する商品なら楽天市場がおすすめです。★



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラマ カーネーション あらすじ 67話 ブログトップ
Copyright © 朝ドラ カーネーション 最終回 徹底研究 All Rights Reserved.
セキュリティ管理 QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。