So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラマ カーネーション あらすじ 66話 ブログトップ

朝ドラマ カーネーション あらすじ 66話

朝ドラマ カーネーション あらすじ 66話

朝ドラマ カーネーションもいよいよ11週目に入り物語も最終回まで目が離せません。



回復してきた善作(小林薫)は、仲間たちと温泉旅行に行くことに。

心配しつつも国民服を新調してやり送りだした糸子(尾野真千子)だが、その夜善作危篤の電報が届く。

さて、12月17日(土)放送の朝ドラマ カーネーション どんな展開となるのか、あらすじ 66話の紹介です。

ようやく回復してきた善作(小林薫)が無理をしないかと、糸子(尾野真千子)は不安でしかたがない。

そこへ善作の友人の木岡(上杉祥三)が石川県の温泉旅行を持ちかける。

糸子や千代(麻生祐未)は心配するが、善作は旅行を楽しみにしており、しかたなく糸子は国民服を新調し、酒を持たせて送り出す。

その夜、善作が書いたらしい「店主・小原糸子」の字を帳簿に見つけ、もの思いにふける糸子のもとに、善作危篤の電報が届く。

以上が、朝ドラマ カーネーション あらすじ 66話の紹介でした。

朝ドラマ カーネーション 66話の放送日は2011年12月17日(土) 8時00分~8時15分です。

朝の忙しい時間帯で見逃してしまった方は連続テレビ小説 カーネーション 放送スケジュール を参考にしてください。

1週間分まとめたあらすじなら朝ドラマ カーネーション あらすじ 第11週 がおすすめです。


★連続テレビ小説 カーネーションに関連する商品なら楽天市場がおすすめです。★



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラマ カーネーション あらすじ 66話 ブログトップ
Copyright © 朝ドラ カーネーション 最終回 徹底研究 All Rights Reserved.
セキュリティ管理 QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。