So-net無料ブログ作成
朝ドラマ カーネーション あらすじ 63話 ブログトップ

朝ドラマ カーネーション あらすじ 63話

朝ドラマ カーネーション あらすじ 63話

朝ドラマ カーネーションもいよいよ11週目に入り物語も最終回まで目が離せません。



糸子(尾野真千子)は元の着物に戻せる作り方を研究し、もんぺ教室を開く。

現れたのはサエ(黒谷友香)らで、大胆に上等な着物にハサミを入れて、華やかなもんぺができる。

さて、12月14日(水)放送の朝ドラマ カーネーション どんな展開となるのか、あらすじ 63話の紹介です。

貞子(十朱幸代)のモンペは、最高級の大島の着物から作ったものだった。

確かに“モンペでも女性がオシャレをしたい気持ちは同じだ”と、糸子(尾野真千子)は一張羅からモンペを作り、着物に戻せる作り方を考え始める。

縫い子たちと研究を重ね、モンペ作りの教室を開いたところ、最初の客はサエ(黒谷友香)だった。

サエをはじめ女たちは、鮮やかな着物に大胆にハサミを入れてモンペを作る。

オハラ洋装店はにぎやかさに包まれる。

以上が、朝ドラマ カーネーション あらすじ 63話の紹介でした。

朝ドラマ カーネーション 63話の放送日は2011年12月14日(水) 8時00分~8時15分です。

朝の忙しい時間帯で見逃してしまった方は連続テレビ小説 カーネーション 放送スケジュール を参考にしてください。

1週間分まとめたあらすじなら朝ドラマ カーネーション あらすじ 第11週 がおすすめです。


★連続テレビ小説 カーネーションに関連する商品なら楽天市場がおすすめです。★



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラマ カーネーション あらすじ 63話 ブログトップ
Copyright © 朝ドラ カーネーション 最終回 徹底研究 All Rights Reserved.
セキュリティ管理 QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。