So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラマ カーネーション あらすじ 62話 ブログトップ

朝ドラマ カーネーション あらすじ 62話

朝ドラマ カーネーション あらすじ 62話

朝ドラマ カーネーションもいよいよ11週目に入り物語も最終回まで目が離せません。



善作(小林薫)の看病もあって忙しい糸子(尾野真千子)。

清三郎(宝田明)らが見舞いに来て三女を聡子と名づける。

糸子の目は貞子(十朱幸代)のもんぺに惹きつけられる。

さて、12月13日(火)放送の朝ドラマ カーネーション どんな展開となるのか、あらすじ 62話の紹介です。

赤ん坊が生まれて1週間。

やけどの養生中の善作(小林薫)の世話は千代(麻生祐未)では、かなわないことが多く、糸子(尾野真千子)は妹や縫い子たちを、しったして、仕事と子育てと看病を切り回す日々。

ある日、清三郎(宝田明)と貞子(十朱幸代)が見舞いに訪れる。

清三郎が名付け親となって、赤ん坊は聡子と決まり、一同は、ようやく和やかな時を過ごす。

帰りに何気なく貞子のモンペを見て、糸子にあるアイデアが、ひらめく。

以上が、朝ドラマ カーネーション あらすじ 62話の紹介でした。

朝ドラマ カーネーション 62話の放送日は2011年12月13日(火) 8時00分~8時15分です。

朝の忙しい時間帯で見逃してしまった方は連続テレビ小説 カーネーション 放送スケジュール を参考にしてください。

1週間分まとめたあらすじなら朝ドラマ カーネーション あらすじ 第11週 がおすすめです。


★連続テレビ小説 カーネーションに関連する商品なら楽天市場がおすすめです。★



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラマ カーネーション あらすじ 62話 ブログトップ
Copyright © 朝ドラ カーネーション 最終回 徹底研究 All Rights Reserved.
セキュリティ管理 QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。