So-net無料ブログ作成
朝ドラマ カーネーション あらすじ 61話 ブログトップ

朝ドラマ カーネーション あらすじ 61話

朝ドラマ カーネーション あらすじ 61話

朝ドラマ カーネーションもいよいよ11週目に入り物語も最終回まで目が離せません。



糸子(尾野真千子)は身重の体もかえりみず火事から善作(小林薫)を救い、病院に運び込む。

善作は一命を取りとめる。

家の後片付けと看病の混乱の中、糸子は三女を産む。

さて、12月12日(月)放送の朝ドラマ カーネーション どんな展開となるのか、あらすじ 61話の紹介です。

善作(小林薫)が、火鉢に油の瓶を落としたことから火事になり、糸子(尾野真千子)は身重の体も忘れて必死に善作を助け、病院へ運び込む。

一命を取りとめたものの、善作は絶対安静を命じられて小原家へ戻ってくる。

千代(麻生祐未)や妹たちに頼ることもできず、休む間もなく後片づけを始める糸子だが、陣痛が来て、その夜三女を産む。

無事誕生を知って、隣の部屋で寝ていた善作もハル(正司照枝)も安どの涙を流すのだった。

以上が、朝ドラマ カーネーション あらすじ 61話の紹介でした。

朝ドラマ カーネーション 61話の放送日は2011年12月12日(月) 8時00分~8時15分です。

朝の忙しい時間帯で見逃してしまった方は連続テレビ小説 カーネーション 放送スケジュール を参考にしてください。

1週間分まとめたあらすじなら朝ドラマ カーネーション あらすじ 第11週 がおすすめです。


★連続テレビ小説 カーネーションに関連する商品なら楽天市場がおすすめです。★



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラマ カーネーション あらすじ 61話 ブログトップ
Copyright © 朝ドラ カーネーション 最終回 徹底研究 All Rights Reserved.
セキュリティ管理 QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。