So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラマ カーネーション あらすじ 56話 ブログトップ

朝ドラマ カーネーション あらすじ 56話

朝ドラマ カーネーション あらすじ 56話

朝ドラマ カーネーションもいよいよ10週目に入り物語も最終回まで目が離せません。



糸子(尾野真千子)は玉枝(濱田マリ)に勘助(尾上寛之)には今後近づくなと責められる。

昭和17年、糸子は三人目を妊娠中。

勝(駿河太郎)は夜出歩くことが増えていた。

さて、12月6日(火)放送の朝ドラマ カーネーション どんな展開となるのか、あらすじ 56話の紹介です。

八重子(田丸麻紀)が、糸子(尾野真千子)と玉枝(濱田マリ)の間をとりなすが、糸子は追い返してしまう。

内心落ち込んでいた糸子だが、昌子(玄覺悠子)のしったで目が覚め、家族のため仕事に専念すると誓う。

昭和17年、衣料品売買には切符が必要となり、善作(小林薫)が来て整理を手伝うようになる。

2人の娘に手を焼きつつも仕事に励む糸子は3人目を妊娠中。

一方、勝(駿河太郎)は夜釣りと称して出歩くことが増えていた。

以上が、朝ドラマ カーネーション あらすじ 56話の紹介でした。

朝ドラマ カーネーション 56話の放送日は2011年12月6日(火) 8時00分~8時15分です。

朝の忙しい時間帯で見逃してしまった方は連続テレビ小説 カーネーション 放送スケジュール を参考にしてください。

1週間分まとめたあらすじなら朝ドラマ カーネーション あらすじ 第10週 がおすすめです。


★連続テレビ小説 カーネーションに関連する商品なら楽天市場がおすすめです。★



朝ドラマ カーネーション あらすじ 56話 ブログトップ
Copyright © 朝ドラ カーネーション 最終回 徹底研究 All Rights Reserved.
セキュリティ管理 QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。