So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラマ カーネーション あらすじ 51話 ブログトップ

朝ドラマ カーネーション あらすじ 51話

朝ドラマ カーネーション あらすじ 51話

朝ドラマ カーネーションもいよいよ9週目に入り物語も最終回まで目が離せません。



統制が進み、洋服の金額に上限が設けられるが、糸子(尾野真千子)は工夫して精一杯おしゃれな服を作ることに励む。

問題はやんちゃな次女の直子で、預け先が見つからない。

さて、11月30日(水)放送の朝ドラマ カーネーション どんな展開となるのか、あらすじ 51話の紹介です。

昭和15年秋、いよいよ統制が厳しくなり、糸子(尾野真千子)の洋装店も金額に上限が設けられてしまう。

しかし糸子は、もうけを度外視してオシャレな服を作り、代金の代わりに野菜などの食料をもらうことが増えていく。

問題は、やんちゃな次女・直子で、預け先の手を焼かせて断わられてしまう。

仕事が、はかどらない糸子を善作(小林薫)が呼び出し、困っている問屋から販売禁止のぜいたくな生地を買い取ってやれという話をする。

以上が、朝ドラマ カーネーション あらすじ 51話の紹介でした。

朝ドラマ カーネーション 51話の放送日は2011年11月30日(水)8時00分~8時15分です。

朝の忙しい時間帯で見逃してしまった方は連続テレビ小説 カーネーション 放送スケジュール を参考にしてください。


★連続テレビ小説 カーネーションに関連する商品なら楽天市場がおすすめです。★



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラマ カーネーション あらすじ 51話 ブログトップ
Copyright © 朝ドラ カーネーション 最終回 徹底研究 All Rights Reserved.
セキュリティ管理 QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。