So-net無料ブログ作成
検索選択

朝ドラマ カーネーション あらすじ 102話

朝ドラマ カーネーション あらすじ 102話

朝ドラマ カーネーションもいよいよ18週目に入り物語も最終回まで目が離せません。



優子(新山千春)が東京の娘らしくなって帰省。直子(川崎亜沙美)に自分が店を継ぐから画家を目指せと言い、いらつかせる。

糸子(尾野真千子)は同業の女性たちと知りあう

さて、2月3日(金)放送の朝ドラマ カーネーション どんな展開となるのか、あらすじ 102話の紹介です。

昭和32年。

聡子(村崎真彩)がテニスの部活から戻ると優子(新山千春)が帰って来ていた。

原口(塚本晋也)という教師の話ばかりする優子に糸子(尾野真千子)はうるさがるが、千代(麻生祐未)は気を回して心配する。

優子は直子(川崎亜沙美)に、店は自分が継ぐから画家を目指せと言う。

いらつく直子。

糸子は三浦(近藤正臣)から周防(綾野剛)の近況を聞き、思いをはせる。

一方で組合には同業の女性が増え、心強く感じる。

以上が、朝ドラマ カーネーション あらすじ 102話の紹介でした。

朝ドラマ カーネーション 102話の放送日は2012年2月3日(金) 8時00分~8時15分です。

朝の忙しい時間帯で見逃してしまった方は連続テレビ小説 カーネーション 放送スケジュール を参考にしてください。

1週間分まとめたあらすじなら朝ドラマ カーネーション あらすじ 第18週 がおすすめです。


★連続テレビ小説 カーネーションに関連する商品なら楽天市場がおすすめです。★



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 朝ドラ カーネーション 最終回 徹底研究 All Rights Reserved.
セキュリティ管理 QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。